2020年からの仕事の概要 | Page-RuinDig

Page-RuinDig

RuinDigのポートフォリオページ|Posts are my own.

2020年からの仕事の概要

詳細

日本IBMで働いています|内田悠貴|RuinDig|note

入社

日本IBMに2020年2月1日から入社。また、障害者採用という事で、会社側に自身の障害を伝えて配慮を受ける形(オープン雇用)で千葉県の幕張事業所で働く。なお、後述するように途中で在宅勤務に切り替わっている。

所属

所属は日本IBMの人事ダイバーシティ&インクルージョン部門のビジネス・コンシェルジュ・サービス(Business Concierge Service:BCS)。BCSは英日翻訳業務、人事関連データの作成、箱崎本社および幕張事業所の提携保育園利用のサポートなどを含む一般事務業務を行う組織。この他に、障害のある学生・既卒の方を対象としたインターンシップ「Access Blue Program」(アクセスブルー・プログラム)の運営サポートも行っている。Access Blue Programについては昨年のAccess Blue Program 2019について書かれたnoteとYahoo!ニュース特集の記事を参照。

日本IBMの「Access Blue Program」に参加しました|内田悠貴|RuinDig|note

障がい学生「就活の壁」を乗り越えて――「人生を変える」長丁場のインターンシップから - Yahoo!ニュース特集

ツール

メールはIBM VerseとLotus Notes、チャットツールはSlack、ビデオ会議はWebex Meetings、資料共有にはBoxを使用。会社から私に貸与されたノートPCはAppleのMacbook Air 2015。

入社後

入社後に割り振られた業務は音声認識システムを利用した文字起こしシステムであるAI Minutesの編集。最初のうちは業務に必要な手法を身につけるために複数回に渡ってスキルレクチャーを受けた。AI Minutesの技術については以下の紹介ページを参照。

IBM AI Minutes for Enterprise - IBM Watson Developer Cloud - Japan

AI Minutesは、Access Blue Programにおいて、聴覚に障害を持つ参加者の人ための情報保障の1つとしても活用されている。

空いた時間は社内のEラーニングプラットフォームの「Your Learning」を利用。Your Learningには人工知能(AI)やクラウド、ブロックチェーン、量子コンピューティング、英語学習などに関するコンテンツが豊富に掲載。また、THINK40として年間40時間の学習が全世界のIBM全社員に推奨されていて、曲がりなりにも後に40時間分のコンテンツを履修。

Your Learning - IBM Learning Experience Platform (LEP/LXP)

Watsonを駆使した学習プラットフォーム「Your Learning」で学び続ける文化を醸成 - THINK Blog Japan - IBM

Access Blue Program 2020が終了後は、Access Blue Program 2021に向けたAI Minutes関連の準備を行う。

在宅勤務

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で、日本IBM全体で在宅勤務が強く推奨され、所属するBCSでは2020年3月4日から在宅勤務を開始。後に日本IBM全体で在宅勤務が必須となる。以降、会社の健康診断での出社を除いて、出社はしておらず在宅勤務を継続。2021年4月10日時点。

2021年

2020年から引き続き、Access Blue Programの情報保証である音声認識システムを利用した文字起こしシステムのAI Minutesの音声認識結果の編集に携わる。Access Blue Program 2022に向けたAI Minutes関連の準備を行う。

2021年10月4日~2021年10月5日まで、別の業務のため、勤務先の日本IBM幕張事業所に580日ぶりに出社。社員食堂は卓上の調味料が撤去、小鉢類が置かれたショーケースなどが稼働せず、もぬけの殻のような状態で、席数も制限されていた。

580日ぶりの出社|RuinDig|note(ノート)

2022年

3月、Access Blue Programがオンラインで行われるため、参加者が使用するノートPCのセットアップを出社して行うチームに参加し、手順書に基づいたノートPCのセットアップ業務に携わる。

その他、業務上使用するAI Minutesの音声認識を利用するためのセットアップに関して、必要なソフトウェアのバージョン情報やセットアップ手順を更新した。

この掲載内容は私自身の見解であり、必ずしもIBMの立場・戦略・意見を代表するものではありません。